ドレスは英語圏では単に衣服のことを言いますが、日本でドレスと言えば、女性の礼服(フォーマルウエア)のことを指します。
ほぼ例外なく、ワンピースの形状をしています(ワンピースはワンピースドレスが正式名です)。

正装として式典やパーティ、夜会、観劇などに用いられる物を言い、正装に使われる民族衣装もドレスです。着物、チャイナドレス、アオザイなど。

最も有名なドレスはウエディングドレスですが、日本でも婚礼衣装は白無垢で、白と言うのは花嫁の特別な色となっているようです。もちろん、そういうわけで披露宴などの参列者は白いドレスは厳禁です。招かれた方は色物のパーティードレスである必要があります。

ドレスの人気商品まとめ

パーティードレスの通販人気品まとめ

シルエットラインや形状からの分野別まとめ

 

イメージや用途からの分野別まとめ

 

ウエディングドレスの通販人気品まとめ

シルエットラインからの分野別まとめ

イメージからの分野別まとめ

 

ドレスコードについて

式典やパーティ、レストランなどでは、ドレスコードを指定される場合があります。
ドレスコードとは、衣服のルールです。

「平服でお越し下さい」となっている場合もありますが、平服とは辞書での言葉の意味では普段着になります。しかし、ドレスコード上では、普段着ではありません。
平服でと言うのは、正式な礼装で無くても良いと言う程度の意味で、結婚式や披露宴やホテルでのパーティーなどのあらたまった席の平服指定は、略礼装(インフォーマル)のことと思っていてください。
面接などで私服でとなっている場合は、制服で無い私物と言うほどの意味で、それなりのあらたまった服装、ビジネスカジュアル(ブレザー、ジャケット等)になります。

ドレスコードでは、希に色が指定される場合もありますが、普通はレストランやパーティなどの雰囲気にあった服装を指定されます。豪華であれば良いわけでは無く、指定範囲内を守ると言うことになります。
概ね夜のほうが優雅な服装になります。

以下、分かりにくいものを解説します。

  • 正装(フォーマル)・・・これは特別な式典のみです。アフターヌーンドレスや夜のイブニングドレス。和服なら、黒留袖(宮中では用いない)、色留袖、振袖(未婚者のみ)など。男性ならモーニング、夜は燕尾服、タキシードなど。
  • 順礼装(セミフォーマル)・・・普通の人が普通に考えるフォーマルウエアです。フォーマルウエアやフォーマルドレス。夜はカクテルドレス程度。和服なら、黒留袖、色留袖、振袖のほか、訪問着、付け下げでも可。男性なら、黒の礼服(ディレクターズスーツ)。
  • 略礼装(インフォーマル)・・・ほぼ平服がこれにあたります。正装では無いが、少しあらたまった服。ワンピーススーツなど。卒園式などに着ていくような服。和服なら訪問着、付け下げ、江戸小紋など。男性なら、黒か濃紺のスーツ。
  • スマートエレガンス・・・ドレッシーなもの。概ねあまり派手でない普通のパーティドレス程度。和服なら、訪問着、付け下げ、江戸小紋、小紋など。男性なら、濃紺か暗めの色のスーツ。
  • カジュアルエレガンス・・・おしゃれな良いワンピースなど。目上の特別な人に会う時のおしゃれな服ぐらいのもの。和服なら、付け下げ、小紋、紬など。男性なら、濃紺か暗めの色のスーツ。
  • ビジネスアタイア・・・いわゆるビジネスで着用する普通のスーツ。男性はネクタイ必要。クールビズは主催に要問合せ。
  • スマートカジュアル・・・普通のおしゃれ着程度。スカートとブラウスやワンピースなど。和服なら、小紋、紬など。男性なら、スラックスやチノパンなど。ジーンズも黒色などで普通のジーンズみたいなもので無ければOK(ちなみに普通のジーンズは作業着扱いになります)。

ドレスコードがある場合は、主催者側に詳細に聞くのは構いません。具体的に不確かな時は遠慮無く聞いて下さい。